安心のデジタコとは?

アナタコに比べて価格がイマイチネ高いしね。それに取り扱いが難しいのはね、困りもんだそれより法廷3要素がクリアできばいいんだよ。
そうしたご意見を反映した価格、操作、運用において将来の拡張性を心配する貴方、貴社へ「トラタコ」デジタコをご紹介しよう。

運行管理システム(TMS:Transport Management System)とは、配車の最適化、ルートの最適化、シミュレーションなどを目的とする、運行状況管理や車両動態管理のシステムです。GPS(位置情報)などを利用して車両単位の管理をします。また、デジタルタコメーターなどの情報を収集して安全運転やエコドライブの支援、指導に役立てる機能などを提供します。専用の車載器のほかにスマートフォンを活用する製品やサービスも登場しています。

国土交通省自動車局のトラックへの運行記録計の装着義務範囲の拡大にて、運行記録計の普及、義務化ロードマックが発表さえています。事故率の低下、燃費向上の観点だけでなく、多彩な情報を記録でき、きめ細かやかな指導、労務管理の軽減が可能ですが、導入コストが高いため導入を控えてきたユーザーにおかれてもは大幅に削減を実現しております。

1、社用車の位置情報をリアルタイムで把握

リアルタイムに位置情報を確認できることで、迅速なサービス提供や配送指示といった他社との差別化やセールスポイントに。また、社用車の私的利用やサボり抑止にも効果があります。

運行記録計の装備義務付け拡大(車両重量7~8トン(最大積載量4~5トン)の自家用貨物自動車)

2、走行履歴や訪問先など1日の活動を自動記録

走行ルートや日報は自動で作成されます。社員の1日の活動を把握・管理したり、営業先の訪問件数や運行ルートを改善するなど、業務効率の工場を図ることができます。

3、勤務時間や行動を見える化業務量や人件費を最適に

これまでタイムカードや自己申告だった勤怠や日報が自動で見える化されるため、従業員一人ひとりのムリ・ムダ・ムラをなくし、人件費を最適化することが可能です。

4、ムダなコストの削減、将来リスクへの対策に

稼働率が低い車両を減車対象にしたり、独自の技術で運転のクセを可視化・事故低減への対策を同時に行うなど、コスト削減や将来リスクへの準備ができます。また、これらの車両に関わる情報をクラウドで一元管理すうrことで、管理者の方の手間を省きます。

第2ステップ(平成28年以降)

クラウドによる次世代運行記録計の普及促進
デジタコは効果で新規導入/入替の足かせとなっている、操作が難しく運転者への負担が増加する。そのような悩みを解決し導入ハードルを下げたご提案します。

国土交通省は、交通事削減のために運送事業安全規則において、運行記録計の装備を義務化しました。2015年4月の規則から一部改正により範囲が拡大され、最大積載量4トン以上、車両総重量7トン以上の事業用貨物車両と新規購入車両が運行記録の装着義務対象となります。
運行記録計には、アナログ記録とデジタル記録の二通りがあります。しかし、これからは導入するにはデジタル式タコグラフが断然お得です。

国土交通省、トラック協会、その他の助成金や補助金を受けて導入を進められるのが運送事業者にはメリット大きいですね。
デジタコには、単純明快な法定3要素から労務管理、燃費削減、業務改善、安全運転など運行支援をスムーズに図るオプションが用意されており、運行管理、実務レベルの運用がだれでも容易に操作できるようになっています。

デジタコ導入した事例では、良かった事業所、悪かった事業所の両極端に分かれるケースが多い、ざっくりだがこれまで運行管理で安全性を追求して、機能や使い手の立場を重視しなかったので事業所から余り導入はしたが評判は芳しくなかった。
流行で一種ステータスのように導入したが、結果は上がらない、それはそのはず、安心安全運転と同時に使い手みんなが十分使いこなせるものでなければならなかったはず。それが抜け落ちていたわけで、そうした意見が起きた原因を無視せず、根気よく説明責任があります。本来の目的は、安全で豊かな交通社会の実現。しかも事業所ニーズに合ったスペックを用意し、誰もが簡単に扱えその効果が発揮でき、安全運行が向上することです。

タッチパネル操作端末と運行支援システムで日報、運転評価等の帳票を出力

  • フルカラー液晶タッチパネルの操作表示端末R9-6多彩な操作、入力が可能
  • タッチパネルならではの抜群の操作性と視認性で簡単快適な運用を実現
  • 速度超過などの違反運転には、音声と画面によるリアルタイム運転指導でエコ安全運転を推進
  • 運行支援システムナビシアスタンダードと連携し、運転日報や運転評価など各種帳票の出力が可能
  • フルカラー液晶タッチパネル操作端末R9-6でカンタン多彩な操作、入力が可能
  • 速度超過などの違反運転には、音声と画面によるリアルタイム運転指導でエコ安全運転を推進
  • 運行支援システムと連携し、運転日報や運手評価など各種帳票の出力が可能
  • ドライブレコーダーと連動して撮影トリガ発生時点を記録可能

タッチパネルR9-6表示例

操作表示端末R9-6


GFITとR9-6S


タッチパネル操作端末と運行支援システムで品名や数量等の入力可能、温度管理まで搭載

  • 富士通デジタコMBCDとの混在運用が可能、段階的なシステム移行が可能
  • 操作端末R9-6で積み荷の品名や数量、荷主などの詳細情報の入力が可能
  • 温度センサーを追加することで最大4chの温度管理が可能
  • 運行支援システムナビシアプロと連携し、csvでの運行データ出力や複数拠点での運用等にも対応
  • 運行支援システムNavisiaの車載機混在オプションをご利用いただくことで、富士通デジタコMBCDからのリプレースの場合、MBCDとGFITを混在して運用することが可能
  • 混在運用が可能なので、一斉入れ替えの必要がなく余裕をもったスケジュールで段階的なシステム移行を実現します。
  • R9-6のフルカラー液晶タッチパネルを活用し、積み荷の品名からその数量や重量まで詳細な内容の入力が可能
  • 入力した内容は自動的に日報等の帳票に反映されるので、作業内容の記入漏れ等のミスを予防します
  • 「数量」「重量」はテンキーを利用して入力します
  • 「品名」「荷主」はコード番号をテンキーで入力することも可能です。

GFITプロ

  • フルカラータッチパネル液晶だからボタン数や画面レイアウトに制限がなく、ボタン名称の変更やボタン数の増減、機能に合わせた画面レイアウトが可能
  • 業種やお客様の運用に合わせた最適な画面設計が可能
  • 操作ガイダンスや確認メッセージ、経過時間の表示やテンキー表示等、フルカラータッチパネル液晶だから実現できる多彩な表示機能を搭載

  • Navisia(Pro)は、運転日報や運転評価に加え、月間労働実績等さらに多彩な帳票出力に対応、csvでのデータ出漁やネットワーク運用等にも対応し、より高度なデータ運用を実現
  • 富士通MBCDシリーズとの混在運用が可能なので、車載機の一斉入れ替えは不要
  • csvで運行データを出力し、様々なシステムでご活用いただけます。
  • 本社と営業所等、複数拠点にまたがるネットワーク運用にも対応

GFITプロ
GFITプロ 帳票

  • デジタルタコグラフGFITは、温度センサーを接続することで冷凍車両等の温度管理ニーズにも対応
  • 最大4chまで温度センサーを接続することが可能で、広い荷室内もむらなく温度管理が可能
  • 温度以上があった際は画面と音声で警告、その他の違反と同様に違反一覧で回数の確認が可能です。