らくナビ楽太郎は、熊本地震に大活躍!

ドコモとムセン、ドコモトランシーバーが人気!爆発的反響を呼んでいる。というのは、その理由の一つにドコモの通信エリアで全国通信が低コスト、低ランニング、申込み簡単で利用できるところです。
その時だけに拘らず、免許が不要なため利用、応用が格段にしやすく、とくに自治体には人気連絡できる通信手段では最強のアイテムであること疑いない商品です。私どもは以前からこちらは、必ず大反響を呼ぶと確信いていたがその通りになりました。時は風を読み、人の声を聴くように利用者数の声が声から声となって漸く火が付いたようです。しかも時は待たず災害は年々増加、そして大型化、くわえて南海トラフ地震は近い内にやって来るこんな、そこはかとなく状況がこれほど伸びに加速化している状況だ。いざという時には、携帯電話のように携行しやすい方が、車載固定よりも便利で簡単がいい。しかし、携帯では個別には対応するが一斉での対応はできない。そこで私どもの通信アイテム「らくらく通信オンネット」だ、スマートウェブキャリアに音声、データ処理をくわえた運行情報、作業日報、位置情報、追跡情報、渋滞情報、交通情報を究極は補助金の活用プラン、来年度のITツール導入支援に補助金活用したご提案も受付をスタートさせています。

一般、官庁のお問合せお待ちしています。

1、大きな災害になる場合は、情報連絡網の不備がよく指摘される。

2、災害が発生したら、まず自分の身を守る。次に自助、公助、協助の家族や周囲人を助け守ろう。

3、いつ起ても危機的状況にどの様な行動をとるのか、日頃から備えよう。

4、家族や職場の情報連絡網や行動パターンを決めて措く又は、日頃3つ4つの方法を確保しておく。

5、インターネットSNS活用は音声より有効で、掲示板、メールや情報の入手がスムーズにできる。

6、災害発生には、正確な情報を入手するには、平時から災害速報を入手できる装備をしておく。

Related Posts