せまる災害を直前にして!

団体、個人には其々防災や災害情報の入手や互いの連絡網を整備しておく

1、大きな災害になる場合は、情報連絡網の不備がよく指摘される。

2、災害が発生したら、まず自分の身を守る。次に自助、公助、協助の家族や周囲人を助け守ろう。

3、いつ起ても危機的状況にどの様な行動をとるのか、日頃から備えよう。

4、家族や職場の情報連絡網や行動パターンを決めて措く又は、日頃3つ4つの方法を確保しておく。

5、インターネットSNS活用は音声より有効で、掲示板、メールや情報の入手がスムーズにできる。

6、災害発生には、正確な情報を入手するには、平時から災害速報を入手できる装備をしておく。