NTTドコモのパケット網は、多くはデータ情報の通信に使用されてきました。インターネットの世界では一歩先に音声通信を可能にしました。高速100Mくらすのインターネット回線が登場するとインターネットは、爆発的に普及しました。

職場や家庭でブロードバンド回線を利用したインターネットが普及しました。加えてIP電話は、通話料が全国一律約8円/3分と電話代が安いのでこちらも一般回線から移行できるので、こちらも同時に普及しました。

携帯網が、ブロードバンド回線並みに容量が拡大するとスマートフォンのインターネット活用が一般的に成りました。有線と電波の違いだけで使用は殆ど変わらなくなりました。4GやLTE網の普及で高速インターネットが又、パケット通信網のIP無線が音声+データ情報通信を簡単にし可能にし、これまた普及、拡大しています。