ナンバーコールシステム

最近よくみられる住民サービス
役所の住民課の窓口では、順番待ち発券機と案内表示モニターがおかれるようになりました。その順番待ちコールを一般手はナンバーコールと呼びます。
今まで、多くの役所で固有の名前で呼んでいましたが、こちらを採用している役所では順番待ちの緩和やプライバシーの観点からも結構なサービスですね。私どもは早くからこちらのシステムを研究し導入を進めていました。
さて、発券ナンバーは窓口のモニターすぐに表示されます。あとは自動アナウンスで呼ばれるまで待合室で待っていればよいのです。

これまで、中々採用されなったナンバーコースシステムですが、窓口の込み合い状態が一目瞭然ですが、何より窓口業務の煩雑さが自動化で解消されたように思います。