ICTスマートキャリアの進化


ICTは、ITにネットワークコミュニケーションCom技術が追装されましたが、その創造的価値は非常に高くなっており利用者は、公共から民需まで情報通信のIP+シンプルコミュニケーションツールとして、地震や災害にも強靭で、携帯以上のグループ間の一斉通信評価が絶大です。多種多様な用途に対応しており、例えば自治体の防災用、民間の業務連絡から運行管理のクラウドサービス、システムなど車両、人の物流においてアプリケーションの開発も勢いよく画期的です。運送業からサービス業にいたる業種に大きくシエア拡大のためさらに、顧客満足度を伸ばす必要があります。のは今後は用途を拡大している状況です。

さて、音声通信、データ通信が全国エリアでシームレス円滑に誰でも簡単・スマートにキャリア運営ができるとあってその利用者はうなぎ登りですが、情報通信において、ランニングコストを必要とするリアルタイム運行管理は、これからより不可知競争が激化することが予想されますが、私は全携帯キャリアが参入しておるので、音声通信を基本にデジタコ、ドラレコが個別化するのでなくトータルニリンクしたデータ処理して顧客満足度をあげるところが抜け出すだろうと考えています。

しかるに、競争は日ごと、年月毎に過激になっておりますが、メーカにおいてもキャリアと電装メーカ、計器メーカが通信機能にコミュニケーション力を装備した付加価値のたかい製品が登場して物流にはICTスマートキャリア化進むであろうし、こうした対応にはさらに、私には大きいスキルアップが望まれるところでありますが、これに限らず、あるものをビッグデータ情報に処理できるクラウドシステムがこの将来どんどん拡大すると予想できます。