補助金でるでるバック愛

これまでバックを見るだけのバックカメラからイザ鎌倉には役に立たないものでも、保存できる状態にリメイク又は、リユースを考えている貴方、貴社には、ぜひこちらのご紹介ページをご覧ください。この見えますゼロリスク「バック愛」は、ドライブレコダーと連結をできます。ですから録画が実は3通りの録画ができるので、事故状況の証拠が残ります。よって、濡れ衣や不正誤魔化しを防ぐことを可能にしたシステムです。ユーザーとドライブレコーダをシステム化、使い道や使い方が違っているため別々に運用されること多い。しかし安全運転や事故防止のためである目的は同じです。バックカメラはリアルバック走行支援用で後方を映像で視認できるの後方が見えない大型トラックなどに多く利用されています。

一方ドライブレコーダは、事故や煽り運転など証拠映像として活用できる記録メディアで事故処理などにかつようします。これまで目的は同じでもそれぞれ使用別に設置してあった映像を記録メディアに取込んで、運行管理を実現した「春風」はるかぜを発売します。

はるかぜ春風には映像とGPS運行データで解析する映像管理システム、映像・運行データ解析するリスク分析型運行管理システムで運送業務をサポートします。はるかぜ春風導入には、経産省のITツール、国交省やトラ協の補助金活用ができ運行管理システムとしてサポート支援プランをサポートしています。

一人ひとりが「安全をつくる」世の中の実現に向けて

     1、ヒヤリハットはすでに事故・延べ13,000人の運転実態調査から導き出される結論とは?

「事故は習慣の延長線上で起きている」 普段の運転にヒントがありました。事故は無意識下の習慣的な運転操作の延長線上で起きているのです。例えば、車間距離不足(必要距離の2/1以下)で走行するシーンが数多く見られます。
しかし、殆ど事故は起きません。それはなぜか? 前送車両が急停止しないからなのです。では、急停止したらどうなるか?結果は明らか100%じこになります。

つまり、その人の持つ不適切な運転行為に、普段では経験しないであろう外部要因が絡んだときに事故が起こるというしくみです。あくまでも事故の芽は、その人の持つ習慣的な運転行為そのものだということです。

 2、安全対策の王道 ・・・・習慣に着目「安全対策の王道、リスク分析」を実現します。

事故は習慣の延長線上で起きています。習慣とは普段の運転そのものです。私どもキューピーは、普段の運転をそのまま映像記録し、その中にある事故の芽となる危険因子とその発生頻度を定量的に分析します。これまで不可能だった安全対策の王道の実現です。