見られて困る運転はだれにとっても優しくない

安全運転意識の向上で事故そのものを減らす、万が一の時には証拠としてドライバーを守る、pdrive全ては安全安心な交通社会のために。

商用車の利用はビジネスを行う上で不可欠な要素です。
一方で商用車運転時に起きる交通事故は、その損害額や事故処理にかかる負担の大きさは勿論のこと、最悪の場合はドライバーや歩行者の生命を危険に晒してしまう可能性さえあります。商用車の運用と切っても切れないこの問題に、不安を抱えている管理者の方も多いことでしょう。

pdriveは通常のドライブレコーダーのように、事故映像を記録してドライバーを守る事ができるだけではありません。GPSを利要した位置情報をはじめとした、さまざまデータを常にクラウドに送信することにより、日常的にドライバーの運転を記録しそれをフィードバックすることで、ドライバー一人ひとりの安全意識を高め、事故に遭遇する可能性そのものを減らします。

クラウド上でデータを扱うことができる特徴を活かし、ドライブレコーダー単体では実現できない、車両運行の効率や統計・分析をワンクリックで実現できるほか、地図上に落しこむことのできるさまざまなデータとの連携・連動が可能です。

私たちはPdriveをとおして社会に「見える安心」をご提供します。