亮の交通事故—–削減ソリュウション 

カーテレマティクスP-ドラ

亮の交通事故—–削減ソリュウションその1
カーテレマティクス「P-ドラ」ドキュメントをご覧いただきありがとうございます。
さて、世界中いたるところで戦争状態が絶えない中、戦争と言えばなにもドンパチばかりではありません。
死者の数からすれば大いに交通事故も戦争状態です。車は、ビジネスやプライベートにおいて、立派な交通インフラの一つですが、一方、世界中で毎年、交通事故で100万人以上が亡くなっています。
こうした交通戦争は、私たちの努力によって削減が可能です。亮の事故削減ソリューション「P-どら」が効果的であることをざっくりと説明させて頂きます。
まず、見られて困る運転とは人に優しくありません。あなたの運転を、私はいつも見ていますが、「P‐ドラ」の最大の特長です。
次に、交通事故を潜めたような危険運転はサーバーによって判定され、その場の状況を映像で撮り即座に通知される機能があります。その危険運転状況を運転者、管理者はとも直ちに知りえます。そして、直ちに管理者は運転者に対して、その場状況を映像で見ながら運転者に対し、的確な教育や指導が行うことができます。
それらが、危険運転や安全運転、運転日報や、月報、評価表などに努力目標や、成果として表記されることで、どんどん安全運転は向上し、結果は重大事故を未然に防き、交通事故等は削減されて参ります。

データー情報だけでなく映像を見ながらの危険運転を抑止する指導が効果的で、スムーズに行え、危険運転にのみらず運転情報の映像全般で、リアルな交通安全運転の指導や教育が可能となってまいります。
また、リアルタイムな位置情報をもとに慣れない道、慣れない車やドライバーに対しても、現場の状況を踏まえた説明ができ、運転サポートや道路情報、運転ナビが的確に行えることになります。

続いて、運転日報には、運行履歴の他、運行解析データー(超過速度、走行距離、走行時間、エンジンON/OFF)、をグラフ化して表記、走行軌跡の地図を表記することもできます。
また、評価ランク表などが月次報告書が自動で上がって来ますので、運転評価ランク表などはドライバーが安全運転を競う目標になり、交通事故削減の向上が自然にでき上がってまいります。

平成30年6月7日

さて、カーテレマ「P-ドラ」について細かく見ていきましょう。

安全運転プロジェクトの鍵 

~事故削減につながる3つのポイント~


1、経営層からの力強いメッセージ

「事故を減らして会社、社員を守る」という意思表明安全運転の向上には給与や報償で評価をなどををする方法がティクスとは、自動車に搭載するネット接続が可能な端末を使って、交通情報や天気、ニュースといったさまざまな情報(コンテンツ)を利用できるようにする情報サービス、または、システム全般を指すものです。

2、分析データの定期的確認

PDCFできちんと分析が費用、油断禁物。

3、改善施策に対する評価制度や人事給与

見える化されたデータに基づく、賞罰は効果的に働きます。

製品概要

位置情報・加速度の他、事故発生時の動画データをクラウドに送信

「MVT-100NET」は、3G/LTEモジュールを搭載したカーテレマ
 ティクス端末です。
 これまで独立して利用していた高性能ドライブレコーダー、簡易デジタルタコグラフ、
 GPSトラッキングの3つの機能をコンパクトに一体化し、高いコストパフォーマンスを
 実現します。

機能について

■ イベント検知機能
ここで言うイベントとは、エンジンON,OFF、速度超過、急ハンドル・急加速・急減速、アイドリング、英リア侵入、エリア退出、緊急通報ボタンなどです。

■ 録画機能
録画は、TVモードとDVモードがあります。

■ 動画送信機能
イベント前6秒、イベント後4秒

■イベント録画機能
Web上で録画時間を選択できます。(イベント前、イベント後)

■ハイブリッド録画機能
常時録画とイベント録画を両方実行するモードです。
常時録画時は、2分ごとに録画ファイルが生成されます。

■日報作成機能
一日の走行履歴、出発時間、到着時間、エコ運転、イベント等が記録、報告書として出力されます。


だれにとっても優しくない運転とは!

亮の交通事故—–削減ソリュウションその2

● 安全運転意識の向上で事故そのものを減らす。
● 万が一の時には証拠としてドライバーを守る。
● すべてが安全安心な交通社会のために。

 商用車の利用はビジネスを行う上で不可欠な要素ですが、一方で商用車運転時に起きる交通事故は、その損害額や事故処理にかかる負担の大きさは勿論のこと、最悪の場合はドライバーや歩行者の生命を危険にさらしてしまう可能性さえあります。商用車の運用と切っても切れないこの問題に、不安を抱えている管理者の方も多いと聴きます。クラウドPMドライブサービスは一般のドライブレコーダーのように、事故映像を記録することにプラスしてGPS位置情報をはじめとした、様々なデータを常にクラウドに送信することができます。日常的にドライバーの運転を記録しそれをフィードバックすることで、ドライバー一人ひとりの安全運転意識を高め、事故に遭遇する可能性そのものを減らします。

また、クラウド上でデータを扱うことができる特徴を生かし、ドライブレコーダー単体では実現できない、車両運行の効率化や統計・分析をワンクリックで実現できるほか、地図上に落しこむことのできる様々なデータとの連携・連動が可能です。96年からサービスを開始したVICSは、国土交通省が推進する「ITS(高速道路交通システム」構想の柱の一つとして発展を遂げています。道路の渋滞情報や所要時間に関する情報や事故、故障車、工事などの規制情報などをするしくもその一環です。カーテレマティクスとは、自動車に搭載するネット接続が可能な端末を使って、交通情報や天気、ニュースといったさまざまな情報(コンテンツ)を利用できるようにする情報サービス、または、システム全般を指すものです。

 

運転の見える化の真相 “こうだ”

運転の見える化クラウドサービスシステム概要です

運行状況「見える化」により、急発進、急ブレーキ、急ハンドルなど危険運転イベント情報をドライバーにアナウンスが安全意識の向上又は、運行管理者に通知によって、安全運行を図ります。業務改善では事故率の低減化、事故経費の削減効果を図ります。

システム概要


モバイル通信機能を持ったカーテレマティクス端末をエンドユーザー様の車両に設置頂くことで、エコモット㈱が提供するクラウドサービス車両運行状況の「見える」化により、事故を未然に防ぎ、業務効率の改善を促します。
車両の配置全体をリアルタイムに把握できることから、状況に即した車両配置、即応体制の構築が可能になり、人事シフトの向上を図ります。
また、日報作成機能により、報告書類作成時間を削減し業務効率を改善します。

①リアルタイムに車両の運行状況を確認。
②急ハンドルや急停止、急発進といった「危険運転」をリアルタイムに検出し、運転管理者に動画、加速度等を通知
③日報作成機能で業務効率改善、運転月報で車両ごとの運転特性を評価し、安全運転への意識を高め危険運転の抑制を図ります。

 


 MVT-100NET特徴

 加速度センサーによる急挙動検知

三軸加速度センサーを内蔵し、急加速・急ハンドル・急ブレーキなどの急挙動をより正確に検知します。
急挙動検知時には、アラームでドライバーに注意を喚起するほか、取得したデータに基づいた安全運転指導をすることができます。

 衝突動画動画をメール送信

運転事故などが発生した際、衝撃検知時の前後計10秒の動画を自動的にクラウドへ送信します。
記録された動画は履歴で確認できるほか、リアルタイムでメール通知され、パソコン・スマホ・タブレット上で直ぐに家訓することができます。

 現地をリアルタイム確認

GPSで現在地をリアルタイムトラッキングし、運転履歴を常にクラウドは送信しているため、いつでも最新の情報を得ることができます。
又、登録したエリアへの車両の進入を検知し、通過した回数や時間をカンウントすることも可能です。

専用通信回線でセキュリティも充実

KDDIが提供する3G/LTEネットワークを利用し、セキュアな閉域回線を経由してインターネットに接続することができます。
サーバとリアルタイムに通信を行い、端末動作もサーバ側から簡単に設定することができます。


管理画面

現在位置 
現在位置

イベント統計・分析レポート
イベント統計・分析レポート

運転日報
運転日報

イベント統計
イベント

ダウンロード
ダウンロード

設定画面

月次レポート

pドラ月次報告

日報

運転日報