本年5月から新時代の幕開けし新元号がスタートしますが、これまで平成の時代を振り返ってみるとどうやら行き過ぎたグローバル化であったように思います。平成のグローバル化を総括頂き、歪、疲弊した偏った世を修正する必要があろうかと考えます。新時代は、改革はあっても大変革でないで歴史伝統に優しい瑞穂の国なるみちびきを希望します。