日本版GPSみちびき11月にサービスイン

日本の準天頂が4基体制で昨年11月から運用を開始しました。これまで、アメリカ頼みだったGPS位置情報システムを国産衛星を利用した位置情報や高度情報通信にむけた躍進が期待できます。
産業分野、国防や安全保障、災害や防災、経済における大きな期待が産学連携で進むだろう。

NTTドコモのパケット網は、多くはデータ情報の通信に使用されてきました。インターネットの世界では一歩先に音声通信を可能にしました。高速100Mくらすのインターネット回線が登場するとインターネットは、爆発的に普及しました。

職場や家庭でブロードバンド回線を利用したインターネットが普及しました。加えてIP電話は、通話料が全国一律約8円/3分と電話代が安いのでこちらも一般回線から移行できるので、こちらも同時に普及しました。

携帯網が、ブロードバンド回線並みに容量が拡大するとスマートフォンのインターネット活用が一般的に成りました。有線と電波の違いだけで使用は殆ど変わらなくなりました。4GやLTE網の普及で高速インターネットが又、パケット通信網のIP無線が音声+データ情報通信を簡単にし可能にし、これまた普及、拡大しています。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください