ITツール導入補助金

2019年ITツール導入補助金

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助金対象者
事業概要:中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

MMT(現代貨幣理論)とは

アメリカで脚光を浴びるMMT

2019年初頭のアメリカで経済学をめぐって非常に興味深い論争が巻き起こりました、MMT(Modaern Monetary Theory)現代貨幣理論です。
火付け役となったのは、前年中間選挙で当選し、民主党の最年少議員として注目されたアレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員が、MMTに言及したことでした。
バーニー・サンダース氏やオカシオコルテナス氏が属する民主党左派の陣営に、MMTの理論家であるステファニー・ケルトン氏がいたのです。
MMTは、本書の立場と同じように、自国通貨を発行できる政府は、財政破綻を懸念するひつようがない」と主張し、機能的財政論を支持し、携税財政論を否定ます。それは、貨幣の考え方らして、異なるのです。正しい地動説はMMTのほうで、主流派経済学は「天動説」です。

さて、アメリカでMMTが話題になると、ポール・クルーグマン、ローレンサマーズ、ケネス・ロゴフ氏といった影響力のある経済学者、ジェローム・パウエルFRB議長、あるいはラリー・フィンク、ウォーレン・バフェッツ氏といった著名投資家などはMMT理論の批判を展開しおり、日本でも同様な否定的見解を示す学者多くいます。
しかし、MMTは整合手にに体系された理論で、主流派経済学より正しいとケルトン氏、「財政赤字の大小はインフレ率で判断すべきだ」という考え方です。ハイパーインフレを懸念する声がありますが、インフレ抑制する政策も提言しています。
中でも「就労保障プログラム」、「最後の雇い主」というアイデアです。「就労保障プログラム」は公的部門が社会的に許容可能な最低賃金で希望する労働者を雇用し、働く場を与える政策で、不況時においては、失業者に雇用機会を与え、賃金の下落を阻止し、完全雇用を達成します。
反対に好況時には、民間企業は、就労保障プログラムから労働者を採用するので、インフレ圧力を緩和することができます。就労保障プログラムは、景気の変動を緩和し、物価を安定させつつ、完全雇用を可能にするというアイデアです。
にもかかわらず、主流派経済学者、政策当局者、経済アナリストたちの多くは「MMTは、財政赤字によるインフレリスクを考慮しない極論だ」という批判を展開します。

インフレにならなければ財政赤字の膨張は問題ないとする学説「現代貨幣理論(MMT)」の提唱者であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授は7月16日、都内で講演した。物価上昇を目指した金融緩和が続く日本の状況について「中央銀行の金融政策よりも、消費者の所得を向上させる財政政策の方がより直接的に機能する」と話した。

【関連記事】FRB対MMTの危うさ

ケルトン氏は「あまりに中銀に依存することは支持できない」と語った。民間の融資拡大を通じて機能する中銀の金融政策に比べ、所得増を直接もたらす財政政策の効果が大きいことを強調した。消費者の支出こそが経済のけん引役であり、「財政政策で人々の所得と自信を向上させることが必要」だと述べた。

ケルトン氏は経済成長のためのインフラ投資を例に挙げて、財源の有無を問題にするのではなく、労働力や生産設備などの需給状況によって、インフレが起きるかどうかを政策判断の基準にすべきだと話した。

その観点から財政を健全化するための増税には否定的な考えを示した。日本で10月に予定される消費増税について「税金は支出能力の調整を通じてインフレをコントロールするためのもの。インフレでないなら消費増税は意味をなしていない」とも述べた。

MMTは、通貨発行権を持つ国家は債務返済に充てる貨幣を自在に創出できるため、インフレにならなければ財政赤字で国は破綻しないと説く。米国では民主党のオカシオコルテス下院議員らの支持で注目された。

お金の正しい理解?

現代貨幣理論
あなたは現代の貨幣を正しく理解していますか。貨幣とは、いったい何なのでしょうか。今日、貨幣とは負債の一形式であり、経済において交換手段として受け入れられた特殊な負債である。負債とはびっくりです。

更に、貨幣を「負債」の一種とみなす学説を「信用貨幣論」といいます。反対に貨幣の価値は、貴金属のような有価物に裏付けられているとする学説は「商品貨幣論」と呼ばれ、イングランド銀行は否定し、貨幣とは負債である信用貨幣論を肯定しています。

貨幣の歴史
信用貨幣論が正しくて、商品貨幣論は間違いで歴史をみても裏付けされています。昔々、人々は物々交換で必要なものを手に入れました。のちに交換手段に金とか銀とか貴金属を使うようになりました。これが商品貨幣論に結びついたと言われていたのです。しかし、実際は違っていてエジプト文明やメソポタミア文明では、ある信用システムが既に存在していました。
古代エジプトは私有財産や市場における交換は、存在しない世界でしたが、そこには貨幣は存在していました。その貨幣もまた、国家が税の徴収や支払いなどを計算するための単位として使われていました。
物々交換や市場における取引ではなく、「信用/負債」の関係を起源としているそうです。

銀行の貨幣創造
貨幣とは、第三者にも譲渡することができる特殊な形式の「負債」です。ですから貨幣を創造するということは、負債を発生させるということになります。しかし、債務を負いさえすれば誰でも貨幣を創造することではないと、なぜなら負債には、債務不履行「デフォルト」返済できなくなるという可能性があるからです。
そのような「貨幣」として流通するものは、現代経済においては「現金通貨」」「銀行預金」であるとされています、現金通貨を創造するのは日本銀行で、「銀行預金」預金通貨を創造するのは銀行です。
つまり、銀行は預金を元手に貸出をしているのではなく、貸出によって預金を創造しており、借手が債務を銀行に返済すると、預金通貨は消滅することになります。

日本の没落

中野剛志さん著書「日本の没落」

この本の紹介帯に「あらゆる文化はいずれ衰退する―百年前にそう予言し、とうじのヨーロッパで大論損を巻き起こしたドイツの哲学者オズヴァルト・シュペングラー。彼が「西洋の没落」で描く経済成長の鈍化、少子化、民主主義の死といった事象は、今日の日本が直面する問題そのものである。
日本はこのままどこまで堕ちるか、それとも抗う道はあるのか。気鋭の評論家が今だからこそ「西洋の没落」をひも繙き、そこに解を得ながら日本の生き方を問い直す画期的な諸と著書とあります。
以前から同氏は存じ上げているが、先に「目からうろこが落ちる奇跡の経済教室」や、「日本の没落」など中野さんの著書を愛読しています。とは言え時間ないので今は走り読みですが、じっくり読みたい本です。私には、本当に目からうろこでした「信用貨幣」「商品貨幣」について驚きの理解でした、この本から読み取れることは、わが日本の没落しない方法、導きが書かれていたように思います。これから中野さん、もっと日本経済や政治、社会について、理解を深めたいので鋭い視線で描く著書を楽しみにしています。

万年筆マネーとは、

万年筆マネーとは、貸して銀行はお金を貸す業務を万年筆マネーと呼ぶそうです。これも中野さんの著書奇跡の経済教室にありますが、銀行は預金残高に制約されることなくいくらでも貸すことができる。しかし、借り手には制約があるつまり、支払い能力があればと言うことです。
だから通帳に書き込むだけでと言い万年筆マネーと呼ばれるそうです。

スマートテレコム

車携型ドコモビジネス携帯

スマートテレコムは、現在ドコモネットワークに無線サバーがパナソニックとドコモのサービスの2とおりの運用形態をとっていますが、これまで以上に、顧客にとって運用や利用のサービスが向上すために2つ運用方式を採用しています。 
ドコモサービスのトランシーバBIがスタートしており話題を読んでいますが、これまで通りスマートウェブには端末、運用ソフトウェア、一般や防災利用においてさらに価値ある端末やシステム運用が充実することでしょう。このほど市場に投入予定されたSK-5000は携帯型は、L電池最大20長時間、IP68防塵防水強化、800mw大音量、車載充電用クレードルを採用している。
8月出荷で予約待ちを始めました。クレードルとは車載と携帯を合体したような運転、屋外での使用ができ、市場では大いに期待された車携が待たれるところですが、自社のネットワークや自治のネットワークとしてご利用ください。

インタネットセキュリティ

3つの防御レイヤー

あらゆる効果的なインターネットセキュリティと同様に、サイバーセキュリティでも防御の深さが重要です。つまり、あなた自身及び連携するパートナーが選ぶ製品から、設定に至る要件まで、すべてのレベルにおいてIPカメラネットワークを適切に保護する必要があります。
私どもは、次の3つのレイヤーからなるサイバー保護をご用意しております。

セキュリティ管理 脆弱性の管理 教育と連携
直面している脅威とリスクのレベルに応じて、お貴社が適切なセキュリティ管理を確実に実行できるようにするための私どもの取組みを学習します。 設計および開発のベストプラクティス、脆弱性に関する透明性、およびタイムリーな対応により、貴社がどのように保護されるかがわかります。 私どもが貴社とどのように連携して実用的なツールを見つけているかを理解してください。これらを理解することで、貴社が直面している脅威とその対処方法が分かります。

ライブ電波科学

身近な電波と科学

電波は現代社会の中でさまざまな形で利用され、私たちの生活に豊かさをもたらしてくれています。
電波が、十九世紀後半に発見されて以来の電波利用の発展の歴史は、 そのまま現代文明の発達の歴史ともいえます。

今ではなくてはならないもの電波ですが、電波利用のさらなる発展に向け、課題を解決するための様々な研究が行われています。
電波についての説明といっても範囲が非常に広く複雑なのですが、できるだけ多くの資料を基に解説するつもりです。

マーテックのウェブサイト閲覧者あなたには、できるだけ正確に理解をしていただくことに重点を置いて、電波をさまざまな方向からやさしく解説していきます。価値ある身近になった電波を取り上げる際に、学術書や過去のデータ資料などを材料に、電波サイエンスについてあなたと一緒に勉強をしていきましょう。  (一社)電波産業会資料

IOT ネットワーク

IOTネットワーク

インタネットは、ブロードバンド回線だと光に意外にないと思っていました。それは今日ではその固定概念が大きく覆りました。もう、固定で環時代は終わりを告げる事態が起きている現実

今後は普及が一日しいのはどこでも移動ができて、早いアクションは今の時代では、やはり人も物も目まぐるしく変化に対応できるモバイルLTE回線だなと実感しました。
とにかく、無線だから怖い、できない、危ない、はふうい。もうセキュリティ対策も十分しかもプロバイダー、コーディングするソフト、すべてがモバイル対応しています。

だって、閲覧するデバイスはスマホが圧倒的に多い、しかも、オペレーションソフトOSはウィンドウズに対応し、ノートやパソコンもスラスラ使えるし、モバイルルータがまたいい。電源やクレードルは優先に対応しているし、これなら固定電話回は不要だし、インターネット回線も改めて不要だし。この先はモバイルがどんどん普及するでしょう。